しかし月々受け取る明細書類との確認時において

受け取った利用レシート保管する必要性はある。

結果を最初に述べると保有する必要性はあるわけではありません。

ある人によっては保有していることにより個人が使用した証跡をとっておきたいという場合持っていればよいことだろうし、もし明細はいらないということであれば保管する必然性はないと言えます。

しかし月々受け取る明細書類との確認時においては絶対にレシートが不可欠なのです。

明細レシートをその時まで少なくともキープしておかないと、どの店で何月何日どのくらい利用したのかということが不明になることだけではなく、誤請求・ダブった請求についての照合作業もできなくなってしまうので危険です。

特段使用した内容はレシートを持っていない限りは覚えていないはずです。

せめて利用明細書が届く1ヶ月もしくは2ヶ月まではちゃんと明細を保存するようにしたい。

利用レシート処分の方法)クレジットカードの明細レシート処分法はすごく簡単です。

第三者に不正な利用をされないよう、小さく切って捨てるだけで大丈夫。

小さな裁断機等が自宅で使える場合には用心のために利用するのが良いでしょう。

なにせクレジットの使用履歴を証するレシートのため、カードナンバー等個人情報の内容を特定されてしまうデータがとても多く入っているのです。

ゴミ同然のレシートとは考えず、処分は厳重に行うようにしたいです。

一方、最近では防犯対策の意味でレシートにクレジットNo等の機密の情報が記載されていない明細レシートも出ているようだが油断は禁物と考えます。

Link

Copyright © 1996 www.itsnotmyworkout.com All Rights Reserved.